市民活動に興味のある方、市民活動に参加したい方の活動支援をいたします。

大垣市まちつくり市民活動支援センター個人情報保護方針

平成17年4月からの個人情報保護法施行にあたり、大垣市まちづくり市民活動支援センター(以下「支援センター」という。)といたしましては、個人情報の保護が個人の生命・身体・財産の安全にかかわる重要な問題であることを深く認識し、個人情報保護法適用事業者に準じて、以下のとおり支援センター利用者の個人情報管理・取り扱い・保護に関しての方針を定めます。

1.個人情報の収集について
支援センターにおける個人情報の収集は、支援センターが提供するサービスをご利用いただくために必要なもの、利用者自身が広く一般的に公開することを目的として任意にご提出いただくものに限って行います。支援センターでは、会議室の利用予約・申し込み、広報依頼、ご相談受付、主催事業への参加申し込み(講座・イベントなど)にあたってお名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスなどの個人情報をお聞きします。

2.個人情報の利用について
支援センターでは、利用者より収集した個人情報を以下の目的の範囲内で利用します。
① 支援センターサービスの向上、充実を図るため。
② 支援センター利用者に新しい情報をお知らせ、ご連絡をするための書類送付や電話・メール連絡。
③ 利用者本人の承諾を得た場合に限り、利用者相互の連絡用名簿作成や、一般市民へ提供する情報紙等への掲載。

3.個人情報の開示について
支援センターでは、利用者の同意なく、第三者に対して個人情報を開示することはありません。ただし、以下の場合、支援センターは、個人情報の開示を行うことがあります。
① 情報開示について、利用者の同意がある場合。
② サービスの範囲内で、資料発送、データベース作成などの業務を支援センターが委託する会社(あるいは団体)がその業務遂行にあたって必要をする場合。
③ 裁判所や警察など、法的機関から法律に基づいて個人情報の開示を求められた場合。
④ 利用者の生命、身体および財産などに対して危険が発生し、その保護のために、情報開示が必要であると認めた場合。
⑤ その他、支援センターのサービスや権利、財産などを保護するために、必要であると認めた場合。