市民活動に興味のある方、市民活動に参加したい方の活動支援をいたします。

今回で7回目となる、地域資源をテーマにした体験講座の博覧会「おむすび博」を
この秋開催します。
そこで、当事業のスタートを飾る講演会としてデザインスタジオ「合同会社シーラカンス食堂」
代表小林新也氏を迎えて「スタートアップおむすび博」を開催します。
みなさまのご参加をお待ちしております。
 
 
とき:平成28年7月2日(土)午後2時~4時
 
ところ:大垣市奥の細道むすびの地記念館2階 多目的室1
    (大垣市船町2丁目26番地1)
 
内容:演題「デザインの根っこ」を考える
   ~地域資源を活かしたデザインリノベーション~
 
   今までに取り組んだ実例をもとに、どのようにして地元の伝統産業の問題点を見つけ、
   それに対する解決策を提案したのか、お話しいただきます。
 
講師:小林 新也 氏(こばやし しんや)
   1987年兵庫県生まれ。大阪芸術大学でプロダクトデザインを学ぶ。
   2011年3月デザインスタジオ「合同会社シーラカンス食堂」を地元兵庫県小野市に設立。
   デザイナーとして2013年ミラノサローネサテリテ出展。
   2014年度経済産業省主催“MORE THAN PROJECT”播州刃物プロデューサー。

参加対象:地域の文化やデザインに関心のある市民活動団体や事業者、個人など
 
定員:50人(先着順)
 
参加料:無料
 
申込方法:6月29日(水)までに、
     まちづくり市民活動支援センター(電話:0584-75-0394、開館時間10時~22時)へ
     お申し込みください。

A4_スタートアップおむすひ博チラシ40001